未来開拓者募集

武津 雄太

環境戦略の総合支援

アミタ株式会社 カスタマーホスピタリティグループ
東日本チーム チームリーダー

【営業】中途入社
武津 雄太

甲南大学 文学部 人間科学課 卒業【文系】
【研究テーマ】夢分析

在学中に学んだこととが今にどう活きていますか?

心理学を学んでいたので、ペルソナなど実際のマーケティングに活用される考え方などは理解しやすかったです。予兆をとらえ先を読むという抽象的な事象に対して、科学的に捉え具体的施策に落とし込むという考え方の基礎になっています。

前職はどのような仕事をしていましたか?

設備工事会社、環境コンサルティング会社を経て、アミタに合流

アミタは3社目となります。
1社目は設備工事会社の総務部で経理を担当していました。支社の事務部門だったことから、ときには新卒の採用や資材調達など、幅広い業務に携わっていました。2社目は環境コンサルティング会社で企画営業を行っていました。廃棄物処理業者へのコンサルティングや業務システムの開発の他、イベントへの出展など顧客の広報支援も行いました。

入社したきっかけは何ですか?アミタを選んだ理由も教えてください。

企業理念として「循環型社会の実現」を目指していることに惹かれて

きっかけは、アミタの紹介記事が載っている業界紙です。環境業界でありながら大手企業を顧客にもつ会社ということで興味をもちました。
企業理念として「循環型社会の実現」を目指していること、また、リサイクル工場の運営だけでなく、研修やコンサルティングなどのソリューションサービスも展開していたことから、ハードとソフトの両面で強みをもつ会社というところに魅力を感じ、入社を決めました。

武津1

現在の仕事について教えてください。

主に東日本エリアの営業と、その営業チームのリーダーを務めています

東日本に本社や工場をもつ企業や自治体に対して、環境戦略の総合支援から工場で排出される廃棄物のリサイクル、さらには環境業務システムの提案までを行っています。大手企業の本社で商談することもあれば、工場に足を運び、再資源化を検討する廃棄物のサンプリングを行うこともあります。目に見えるカタチがある商品を売る仕事ではないので、提案書や報告書を作成することもあります。幅広い業務を自分の手で行っていくことができます。

武津2

アミタで働く醍醐味は何ですか?またそれを実感するのはどんな時ですか?

社会貢献性の高いことが仕事であること

アミタは「人間関係資本」と「自然資本」が増加するための事業を行っています。環境に良いこと、社会貢献性の高いことが仕事であることは、日々のやりがいにつながっています。また、提案が仕事に繋がったときは、大きな達成感を味わうことができます。様々な業種のお客様に営業しますので、視野も広がります。 環境のプロフェッショナルとして、お客様から頼りにされ、ご相談をいただいたときは、とてもうれしく思います。