未来開拓者募集

カパリ スサン ラジ

世界を持続可能に

アミタ株式会社 環境戦略デザイングループ 西日本チーム

【営業】新卒入社(若手)
カパリ スサン ラジ
(KAPALI Susan Raj)

立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部 (Asia Pacific University(APU) Asia Pacific Studies(APS)) 卒業【文系】
【研究テーマ】カトマンズにおける地震後の廃棄物管理 Kathmandu Post-earthquake Debris Management

在学中に学んだこととが今にどう活きていますか?

災害後の復興政策に役立てるために様々な国の地震後発生した廃棄物管理対策を調査しながら、カトマンズにはどんな対策が適切かを調べていました。研究をする過程で廃棄物の種類や性質によって処理方法を調査もしました。膨大な情報の中から自分に必要な情報を取り出し、編集することにとても苦労しました。現在でも外国の環境取組事例等を中心によく調査業務をしていますが、大学時代に学んだ情報を収集の方法が今でも活きていると思います。

入社したきっかけは何ですか?アミタを選んだ理由も教えてください。
What made you join this company? Please tell us the reason why you chose AMITA.

アミタの海外ビジネスは、発展途上国の課題を解決できる!

私はネパール出身で、日本に来て6年経ちます。大学では社会学部を専攻しており、開発やグローバリゼーションを学ぶ中で、アジアの国々が持続可能な発展に対して多くの課題を抱えていることを知りました。将来は日本のような先進国で、社会や企業からノウハウを学び、途上国の持続的発展に貢献したいと思うようになりました。別の企業からも内定を頂きましたが、『自分が本当にやりたい仕事とは何か?』と悩んでいたところ、ゼミの先生からアミタのことを紹介していただきました。アミタが提案するパラオでの資源循環の取り組みは、自分の祖国ネパールのごみ問題にも応用できる可能性を感じました。ごみ問題や環境問題に課題を抱える国はたくさんあります。アミタでならば、自分の力を活かし、発展途上国の持続可能性を高める仕事ができると感じ、志望しました。

AMITA's overseas business can contribute to the sustainable development of developing countries.

I am from Nepal and have been living in Japan for 6 years. In University I enrolled as Sociology major, where I learned about rural development and globalization. After going through different approaches in the field of development, I realized that Asian countries are struggling to achieve sustainable development. Being in a developed country like Japan, I have the chance to learn the know-how from Japanese society and companies and thus let me contribute to the sustainable development of developing countries. Even though I was offered a job from a manufacturing company, I was not satisfied as the work was not what I really wanted to do. After consulting with my seminar professor I was introduced to AMITA and its mission to achieve a sustainable society. After I researched about the resource circulation system proposed by AMITA in Republic of Palau, I felt the possibility that the same model can be applied to garbage problem in my home country Nepal. There are many countries that are facing waste disposal and environmental problems. I was convinced that joining AMITA will be the best option to achieve my future aim of contributing in sustainable development of developing countries. Thus, I decided to choose AMITA.

現在の仕事について教えてください。
Please tell us about your current duties.

廃棄物処理法や世界の環境関連取組について積極的に勉強中

私の所属しているチームでは、企業の持続性を高めるためのビジョン策定や環境課題を解決するためのコンサルティング、またリサイクル等の営業活動を行っています。今まで培ってきた英語能力を活用して海外の他社事例を調査しチーム内に情報提供しています。また、将来お客様へ最適な提案ができるように廃棄物処理法や世界の環境関連取組について積極的に学んでいるところです。

I am actively learning about the waste disposal methods and environment-related efforts in the world.

My team supports companies in developing a future vision for enhancing corporate sustainability, consulting to solve environmental issues, and conducting sales activities such as recycling. I utilize my English ability to research the case studies of other companies in overseas and provide information that can be utilized within the team. Also, I am actively learning about the waste disposal method and environment-related efforts in the world to be capable of making optimum proposals to customers in near future.

Susan1

大変だった仕事や失敗したエピソードを教えてください。
Please share about your difficult experience or the failed episode.

言語の壁を超えるのは難しいが無理ではない

大学では英語で勉強し、日本語は普段使わなかったので、日本語レベルは日常会話ぐらいでした。アミタに入ってビジネスで使う日本語や環境業務に関する専門用語をたくさん学びました。最初はメールや電話のやり取りに対して、非常に緊張して電話に出られなかったり、会議で発言できなかったりしましたが、最近は徐々に慣れてきました。初めて聞いた単語や用語などをメモし、辞書で調べ、また、詳細に理解するため先輩に教えていただいた結果だと思います。もちろん言語の壁を超えるのは難しいですが無理ではないと思います。今後も日本語や環境業務に関する知識を得る努力を続けていきたいです。

It is difficult to overcome the language barrier, but it is not impossible.

I enrolled as an English basis student and did not use Japanese immensely at University; rather my Japanese level was about everyday conversation. After joining AMITA, I learned a lot of technical terms related to environmental services in Japanese. At first, I was very nervous about exchanging e-mails and taking phone calls, I could not answer the phone or I could not even express my views in the meeting, but recently I am gradually getting used to it. I always wrote down the words and terms that I heard for the first time, look it up in a dictionary, and asked my seniors to understand in detail which resulted in improvement in communication skills and knowledge regarding different topics. Of course, it is difficult to exceed the language barrier, but I don’t think it is impossible. I would like to continue my efforts to acquire knowledge about Japanese and environmental services in the future too.

Susan2

将来、実現したい夢は何ですか?
What is your dream in the future?

発展途上国の持続可能な社会づくりに貢献したい

発展途上国であるネパールから日本に来て仕事をすることは、ほんの僅かな人にしかできない貴重なことです。将来は発展途上国の持続可能な社会づくりに貢献したいです。ネパールのような国は環境問題に配慮せず発展ばかりに集中している状況です。みんなが環境のことを考えながら行動するようにアミタから知識を広げて行きたいです。

I would like to contribute in the creation of sustainable societies in developing countries.

Coming from a developing country, Nepal, and working in Japan, is a great opportunity that one can only dream of. By utilizing working opportunity in AMITA I would like to contribute to the creation of a sustainable society in developing countries in the future. Countries like Nepal are concentrating only on development without taking environmental problems into consideration. Therefore, I would like to extend knowledge from AMITA so that everyone acts after considering the environment.