未来開拓者募集

木下 郁夫

環境にいいことをすると得をする社会を作りたい

アミタ株式会社 カスタマーホスピタリティグループ
グループリーダー

【営業】新卒入社(中堅)
木下 郁夫

京都教育大学 教育学部 環境学コース 卒業【文系】
【研究テーマ】関西圏におけるパークアンドライド政策の実施可能性に関する研究

在学中に学んだこととが今にどう活きていますか?

環境問題を解決するには、その重大性を訴えるだけでは不十分であり、社会的/経済的動機で行動を誘引することや、行政と企業が協同することの重要性を早い段階で学べたことは、現在、主に企業を対象に提案営業を行う上で活かされています。

入社したきっかけは何ですか?アミタを選んだ理由も教えてください。

「環境課題解決」を掲げる企業はアミタだけだった

環境問題の解決をビジネスとして取り組んでいる会社で働きたいと考えて就職活動をしていました。今でこそそうしたビジネスを謳っている会社は増えてきましたが、自分が就職活動を行った2001年当時はアミタがそのパイオニアだったため、入社したいと思いました。

現在の仕事について教えてください。

営業部門のグループリーダーをしています

営業の仕事は、新しい提案を行うことだけではありません。すでにお取り引きいただいているお客様に、現在利用頂いている商品・サービス、またアミタという会社そのものにより高い満足を得て頂くことが、次のお取り引きに繋がります。"お客様自身に、次もアミタを選んでいただく"ことを目指して、提案・サービス活動を行っています。

木下1

一番心に残っている仕事を教えてください。

工場の建設現場から出る廃棄物搬出プロジェクト

ある工場の建設現場から大量の廃棄物が出ることになりました。その廃棄物をそこから搬出する作業の立会いのために、1ヶ月以上、早朝からそこへ足を運んだ仕事が一番心に残っています。搬出のための手順や運搬路の設計、運送会社やリサイクル会社との折衝・調整、搬出場所の立会いまですべてを行わなければなりませんでした。自分一人では到底為しえない仕事でしたが、周囲の協力で完遂することができました。後に、廃棄物を発生させた会社からも、本件に係わった多くの関係者からも、労いと感謝の言葉をいただきました。
建設工事は無事に完了し、現在、その敷地には立派な工場が建っています。一昨年、その敷地の前を通りかかることがあり、当時の苦労とともに廃棄物の搬出がすべて終了したときの喜びを改めて思い出させてもらいました。

木下2

アミタで働き続ける理由は何ですか?

「環境にいいことをすると得をする」社会をつくる会社にしたい

「環境にいいことをすると得をする」という、単純にして明快な社会をつくることに携わりたいという思いがあります。これを仕事として実感できそうな会社というのは少ないです。
アミタが、現在、四六時中、どの部署にいてもどんな職種であってもそれが実感できる会社かと言われると、正直、そうではないと思います。しかし、入社当時から部分的にはそういう会社であったと思いますし、その領域が広がる可能性は十分にあると思っています。かつては、自分がそう実感できる仕事に就きたいと思っていました。しかし今は、自分がそういう会社にしていきたいと考えています。この思いが、この会社で働くモチベーションになっています。