未来開拓者募集

前田 基樹

私たちと一緒にアミタで未来を開拓してみませんか

アミタホールディングス株式会社 経営戦略グループ
共感資本チーム

中途入社前田 基樹

前職はどのような仕事をしていましたか?

広告会社やメーカーで広告制作の仕事をしていました

広告制作会社で販促企画や広告制作の仕事をしていました。大手ショッピングモールを中心に、色々な企業・商品の販促企画や広告表現の制作実務を行っていました。そんな中で、広告制作の請け手から、より上流の広告戦略に携わりたいと思い、中堅家電メーカーの宣伝部に転職しました。家電メーカーでは、自社製品の開発段階から携わり、商品の特徴のブラッシュアップや機能のネーミング、販促物の企画・製作や、販売現場でのより効果的な販促方法の検討・実施などを行っていました。限られた販促費の中で大手家電メーカーとのシェア争いをしていました。

入社したきっかけは何ですか?アミタを選んだ理由も教えてください。

仕事を通じて社会に良い影響を与える事が出来る

広告制作会社、家電メーカーの宣伝部でのキャリアを積む中で「自社やクライアントの利益のためだけに消費行動を煽る」という事に疑問を感じていました。そのようなときにアミタと出会いました。当時はあまり「環境問題」について興味も知識も持っていませんでしたが、事業を通じて社会課題を解決し、より良い未来を創っていくという"想いや考え方を拡げていく仕事"が面白そうだと思い、アミタを選びました。

前田1

現在の仕事について教えてください。

ステークホルダーの皆様とのコミュニケーションツールの作成

広報やIR(株主や投資家とのコミュニケーション)を担当する部署で仕事をしています。主に、紙媒体やwebといった各種情報発信物の企画・製作などを行っています。この仕事で重要なのは、各種情報発信物の読み手が知りたいことと、アミタ側が知って欲しい情報のレベルをどこまで合わせられるかという点です。アミタの企業価値やサービスの良さを伝えるために、どのような情報をどのように発信するか、試行錯誤の繰り返しの毎日です。

前田2

アミタで働く醍醐味は何ですか?またそれを実感するのはどんな時ですか?

常に新しい事、面白い事にチャレンジできる

どれだけ小さな仕事でも「持続可能社会の実現」という大きなミッションの中に少しでも貢献できていれば、社会の為に仕事をしているという実感が持てるところだと思います。 私たちが発信した情報に触れた人が、少しでもアミタに興味を持ち何らかの形でアクションを起こしてくれたら、それは持続可能社会に近づく小さな一歩だと感じています。 また、アミタは「未来デザイン企業」として、未来を創ることを事業としています。新しいことにチャレンジし、道なき道をみんなで協力しながら進んでいくことになりますので、エキサイティングな毎日を過ごせると思います! ぜひ皆さんも、私たちと一緒にアミタで未来を開拓してみませんか。