アミタホールディングス株式会社

アミタホールディングス株式会社

  • 環境戦略デザイン事業
  • 地域デザイン事業
  • サイトマップ
  • English
  • 検索

お問い合わせ

フォントサイズの変更
小にする
中にする
大にする

中長期事業ビジョン

「持続可能社会の実現」に向けた中長期事業シナリオ

2030年を目標に、持続可能社会実現のための社会インフラとしての役割を担う存在となる事を企図した取り組みを実行してまいります。ここで重要となるのは、企業の環境戦略と自治体・市民の環境施策の連携です。現在展開中の二大事業である「環境戦略デザイン事業(企業向け)」と「地域デザイン事業(地域向け)」の融合を図り、社会全体を持続可能にデザインする「社会デザイン事業」の展開に向けた挑戦を続けます。

amita_mid-long.jpg

二大事業について

「環境戦略デザイン事業」についてはこちら

「地域デザイン事業」についてはこちら


長期戦略 ー社会デザイン事業の確立に向けてー

「社会デザイン事業」の確立に向け、収益性向上と新規市場開拓等を目的とした下記の取り組みを行います。 

  • 国内既存事業の強化と新規事業開発
  • 海外ビジネスの強化

また、これらの実現に必要な下記の事項にも注力していきます。

  • 組織基盤の強化
  • 付加価値向上

amita_long.png


中期戦略 ー2016~2018ー

amita_mid.jpg

売上(成長性)の向上

環境戦略デザイン事業においては、2016年に販売を開始した企業向け統合支援サービス「The Sustainable Stage(サステナブルステージ)」の販売を強化するために、さらなる商品価値の向上を図るとともに、企業経営者や経営企画部門等への提案チャネルの開拓を進めます。

地域デザイン事業においては、地域向け統合支援サービス「BIO(ビオ)システム」の国内外への水平展開を進めるとともに、プロトタイプである南三陸町においてより採算性の高いビジネスモデルの確立を目指し、さらなる付加価値・商品力向上に取り組みます。

海外展開では、台湾循環資源製造所の安定稼働・事業拡大に向けた取り組みや、AKBK循環資源製造所の2017年5月稼働に加えて、東アジアを中心とした海外の環境対策ニーズと市場性調査を行う等、海外での市場開拓を加速させます。

利益率(収益性)の向上

営業部門における組織体制を見直し、訪問を中心とした対面重視の形式から、対面営業と非対面営業を併用したスタイルへとシフトすることで、顧客満足度の更なる向上と業務の効率化に努めます。

製造部門については、より効率的な物流体制の構築や、設備メンテナンス要員の育成・修繕計画の見直し、製造過程で必要な調整剤を再生資源で賄うなど、徹底したコストダウン施策を実行します。また、営業との密接な連動による、セメント会社への納入枠の戦略的確保や、非鉄製錬業界向けの新規リサイクル製品の開発などを実施します。

全社的な取り組みとして、付加価値の高いサービス提供・企画立案を可能にする人材育成やスキルアップに取り組むとともに、ITを活用した環境データベースの構築やマーケティングシステムの機能強化、各商材の事業採算性を常時把握する会計管理手法の導入等、さらなる効率化・組織力強化を進めてまいります。

年次報告書該当ページ