アミタホールディングス株式会社

アミタホールディングス株式会社

  • 環境戦略デザイン事業
  • 地域デザイン事業
  • サイトマップ
  • English
  • 検索

お問い合わせ

フォントサイズの変更
小にする
中にする
大にする

受賞歴

アミタグループの受賞実績をご紹介します。

「平成27年度宮城県再生可能エネルギー等・省エネルギー大賞」優秀賞(2016年)

biogas_i.pngのサムネイル画像のサムネイル画像

アミタ株式会社は、宮城県本吉郡南三陸町で運営するバイオガス施設「南三陸BIO」を中心とした包括的資源循環の取り組みで、平成27年度宮城県再生可能エネルギー等・省エネルギー大賞再生可能エネルギー等導入促進部門の優秀賞を受賞しました。


第9回エコプロダクツ大賞優秀賞(2012年)

アミタ株式会社は、パナソニック株式会社 デバイス社、京都府京丹後市と共同で実施している「食の循環」という取り組みで、第9回エコプロダクツ大賞のエコサービス部門エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)を三者連名で受賞しました。


フード・アクション・ニッポンアワード2012 販売促進・消費促進部門優秀賞(2012年)

amita18.jpg株式会社アミタ持続可能経済研究所は、農業を通じた食料生産と生物多様性保全を両立しようとする取り組みの支援を行う一環として、たかしま有機農法研究会と「たかしま生きもの田んぼ」プロジェクトに2005年から取り組んでいます。

2012年、本プロジェクトが産地の物語を積極的に発信することで持続可能な農業を構築し、その食料自給率向上へ寄与したことを評価され、フード・アクション・ニッポンアワード2012の販売促進・消費促進部門での優秀賞を受賞しました。


「STAND UP TAKE ACTION キャンペーン」ユニークフォトコンテスト受賞(2012年)

amita19.pngアミタグループは、貧困削減に向けて国連が掲げたミレニアム開発目標(MDGs)の達成を訴えるSTAND UP TAKE ACTIONキャンペーンに、2009年から全社をあげて参加しています。4年目となる2012年、グループの全拠点でSTAND UP TAKE ACTIONの文字を形作った写真で、一般部門ユニークフォトコンテスト賞を受賞しました。

本キャンペーンは、趣旨に賛同する方々が「私たちはMDGsを忘れていない、目標を達成してほしい」という思いを政府に訴えるため、立ち上がっている写真を撮影し、参加人数とともに事務局に報告するものです。2009年にギネスに報告された記録によれば、全世界121カ国で実施され、参加人数は1億7,304万5,325人。日本国内での実施件数は521件で、参加人数は3万1,298人にものぼります。


第4回企業ウェブ・グランプリ(2010年)

amita20.JPG環境業務・お役立ちサイト「日刊おしえて!アミタさん」が、 第4回企業ウェブ・グランプリの「企業コンテンツ企画&ライティング部門(B2B)」にて部門グランプリを受賞いたしました。昨年度に続き、2年連続2度目の受賞となりました。今回の受賞は、読みたくなるような記事タイトルなどコンテンツ面での工夫と、日刊化に成功した運営力とが評価されたものです。

「日刊おしえて!アミタさん」は、これからもお客様にご満足いただけるウェブサイトとなれるよう努力を続けてまいります。

  • 第4回企業ウェブ・グランプリ

第3回企業ウェブ・グランプリ(2009年)

amita21.jpgアミタ株式会社が制作した環境・CSRご担当者応援サイト「おしえて!アミタさん」は、環境・CSR・廃棄物管理の実務に役立つ情報を提供するウェブサイトです。 継続的な情報発信や印象に残るカラーリングなどが審査員である企業のウェブ担当者・制作会社の方々に評価いただき、第3回企業ウェブ・グランプリのコンテンツ企画&ライティング(B2B)部門のグランプリを受賞しました。なお、デザイン&クリエイティブ部門では、アミタ株式会社コーポレートサイトがノミネートいただきました。

  • 第3回企業ウェブ・グランプリ

第4回アックゼロヨン・アワード(2009年)

amita22.jpg

日本ウェブ協会が主催するアックゼロヨン・アワードでは、デザイン、アイディア、情報構造、技術、ユーザビリティ(サイトの使いやすさ)、そしてアクセシビリティ(視覚障害を持つ方や高齢の方など、広く一般の方がアクセスしやすいように配慮していること)の面で、専門家がウェブサイトを評価します。

2009年1月にリニューアルしたアミタ株式会社のコーポレートサイトは、第4回の本賞に入賞しました。

  • 第4回アックゼロヨン・アワード

第9回グリーン購入大賞

アミタ株式会社は、グリーン購入ネットワークが主催する『第9回グリーン購入大賞』において「審査員特別賞」を受賞しました。 グリーン購入大賞は、環境に配慮した製品やサービスを優先的に購入する「グリーン購入」の普及拡大に取り組む団体を表彰することにより、一層の取り組みを奨励するとともに、活動事例の紹介を通じてグリーン購入を普及することを目的とした表彰制度です。

募集テーマの一つである「環境配慮型製品・サービスの開発とコミュニケーションの推進」の部門において、アミタグループは「天然水産資源の適切で持続的な管理を推進するMSC漁業認証の日本への導入及び審査の運営」の取り組みについて応募しました。 審査の結果、活動による具体的な成果、継続性、発展性、先進性、独自性が評価され「審査員特別賞」を受賞しました。


グッドデザイン賞(2001年)

ゼロエミッションという言葉が使われる20年以上も前から産業廃棄物(発生品)を資源として再利用する資源リサイクルネットワークを構築してきたアミタ株式会社の事業活動は、2001年度に財団法人日本産業デザイン振興会から、グッドデザイン賞を受賞しました。受賞の概要は、以下の通りです。

(※以下、財団法人日本産業デザイン振興会ウェブサイトより)

受賞番号 01D11250
部門/分類 新領域デザイン部門
受賞対象名 「AMITA」事業活動
ブランドなど 資源リサイクルネットワークによるリサイクルサプライチェーンの構築
受賞企業 アミタ株式会社(東京都)

資源循環技術・システム表彰 CJC会長賞(1996年)

アミタ株式会社(当時の社名は「スミエイト株式会社」)は1996年、財団法人クリーン・ジャパン・センターの「資源循環技術・システム表彰」の「CJC会長賞」を受賞しました。これは、アミタ株式会社が開発した廃油、廃溶剤、廃アルカリ、含油汚泥などの燃料リサイクル事業が、リサイクル事業の振興に大きく貢献したとの評価をいただいたものです。

なお、廃油、廃溶剤などの燃料リサイクルによって製造された代替燃料は「スラミックス®」と名づけられており、その製造技術は同年12月に特許を取得しています。