アミタホールディングス株式会社

アミタホールディングス株式会社

  • 環境戦略デザイン事業
  • 地域デザイン事業
  • サイトマップ
  • English
  • 検索

お問い合わせ

フォントサイズの変更
小にする
中にする
大にする

中期経営計画

中期3カ年計画(2018年2月発表)

(百万円)

2018年度 2019年度 2020年度
売上高 4,961 5,100 5,400
営業利益 130 250 350
経常利益 109 220 320
当期純利益 70 145 210

アミタグループは現在、「価値創出にこだわり、事業採算性を追求する~収益が上がる体質改善~」をスローガンに、事業の強化及び拡充を進めております。2016年度から推進してまいりました業態改革の成果として、2017年度は売上高・経常利益については期初予想を上回る結果となりました。

しかし、営業利益は台湾循環資源製造所における取扱量未達により期初予想を下回り、当期純利益は同製造所における固定資産の減損損失計上のため期初予想差△352百万円と大幅に下回る結果となりました。

こうした状況を踏まえ、収益力の回復と経営基盤の強化を経営の最優先事項とし、3カ年計画をより確度の高いものへ修正させていただきます。この中期計画は、既存サービスの収益性改善(国内製造所への設備投資と既存リサイクルサービスの収益性向上)、企業向け統合支援サービス「The Sustainable Stage(サステナブルステージ)」の展開加速、海外ビジネスの安定化、組織改革の推進(顧客への課題解決力・提案力の強化)等により実現していく計画です。本計画に基づき、2017年度、1.7%であった営業利益率を、2020年には6.4%まで向上させることを目標といたします。

以下に記載する収益力の回復と経営基盤の強化に向けた各施策を着実に実行することで「社会ニーズを市場化し続ける」企業を目指します。

アミタグループの中長期戦略

2030年を目標に、持続可能社会実現のための社会インフラとしての役割を担う存在となる事を企図した取り組みを実行してまいります。

AMITA_long.jpg

アミタグループの中期戦略(2018年~2020年)

AMITA_mid2018-2020.png

[事業投資(将来性)]

地域デザイン事業における地域向け統合支援サービス「BIO(ビオ)システム」は、2020年度のビジネスモデル確立を目指し、プロトタイプである宮城県南三陸町において、さらなる付加価値・商品力向上に注力します 。

海外ビジネスにおいては、海外におけるリサイクル事業の展開を目指し、マレーシアAKBK循環資源製造所を中心としたリサイクルサービスの拡大はもとより、環境コンサルティングサービスの展開を見据えた市場調査や市場開拓を進めます 。

[売上(成長性)]

環境戦略デザイン事業においては、企業向け統合支援サービス「The Sustainable Stage(サステナブルステージ)」の付加価値向上を狙い、ICT技術を活かした環境管理業務のリスク・コストを低減する新サービスの開発・提供を行います。また、SDGs戦略研究会等のネットワークを活かした営業深耕や、マーケティングオートメーション等の非対面のPULL型営業により、既存顧客へのサービス提供を拡大します。

収益の柱である100%リサイクルサービスについては、将来的な国内廃棄物量の減少やリサイクル市場の活性化への対応として、新規リサイクルルート(ユーザー企業)の開拓、製販連携の強化によるサービスの品質向上を実施します。

[利益率(収益性)]

営業部門においては、外部企業や有識者等との連携によりサービスの品質や付加価値の向上を目指すとともに、社内のコストダウンおよびリソース確保を図ります。さらに、既存顧客専用の問い合わせ窓口と営業の連携強化により、顧客満足度の向上と営業活動の効率化を図ります。コスト削減と付加価値向上を目指します。

製造部門については、設備メンテナンス要員の育成・修繕計画の見直し、製造過程で必要な調整剤を再生資源で賄うなど、徹底したコストダウン施策を継続して実行します。また、今後はIT技術を用いた廃棄物保管量等の自動計測機の導入などを検討し、大幅な業務効率化を図る予定です。

各部門の3カ年の取り組みの詳細はこちら



(次回更新は2019年3月末を予定しています。)